日本語
contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

TechnipFMC

TechnipFMCは、海底、陸上、海洋および地表技術の世界的リーダーです。当社は独自の技術と生産システム、総合的な専門知識、および包括的なソリューションを元に、顧客のプロジェクトに経済的な変化をもたらしています。

TechnipFMCは1982年からマレーシアで事業を運営しています。クアラルンプールにあるオペレーティング・センターは、当グループのアジア太平洋地域の主要ハブであり、グローバル事業に大きく貢献しています。当社のマレーシアの資産には、ディープ・オリオエントとG1201という2隻の船舶の他に、ジョホール州の2つの製造工場(Asiaflex Productsとヌサジャヤ)が含まれます。

当社は、マレーシア初の深海プロジェクトの多くを手掛けてきました。メキシコ湾以外での最初のスパー型生産設備であるMurphy Kikeh Sparや、Shell Malikai Tension Legプラットフォームはその一例です。また世界初の洋上LNGプラント(FLNG)を手掛けたのもTechnipFMCです。PetronasのFLNG (PFLNG) Satuは、マレーシアのリモートガス田や中小規模ガス田の埋蔵ガス採掘に関するPetronasの取り組みにおいて、重要な役割を果たしています。当社はPFLNG Satuがケババンガンにある2つ目のガス田から最初のLNGの採掘に成功した際、その経験を共有できたことを嬉しく思います。FLNGの歴史の中で、リロケーションを行ったのはこれが初めてです。

他のプロジェクトとしては、ジョホール州で行った、Petronasの石油精製・石油化学総合開発(RAPID)プロジェクトの実行が挙げられます。当社は同プロジェクトで、プロジェクト管理コンサルタントを務めたほか、電気・ガス・水道、オフサイト設備および送電網との接続設備の設計・調達・建設管理(EPCM)を請け負いました。RAPIDは、差別化された特殊化学品に対するニーズの高まりや、アジア太平洋地域における将来の需要に応えることを目的とした、世界規模の複合施設です。

現在、TechnipFMCは地域初の総合設計・調達・建設・据え付け(iEPCITM)を実施しています。これは、グムスット-カカップのフェーズ2プロジェクトのために、アンビリカル、フローラインおよび海底生産システムを含む海底機器の配備・据え付けなどを行う総合プロジェクトです。さらに、ベトナムのロンソンで計画中の石油化学工場プロジェクトでは、クアラルンプールのオペレーティング・センターが大きな役割を担う予定です。

TechnipFMCにとって、マレーシアが重要な投資先であることは今も変わりありません。アジア太平洋地域の主な燃料埋蔵地の1つであり、強力な人材プールと堅固なサプライチェーンに支えられた、確立された石油・ガス産業を持つマレーシアは、引き続きこの地域の石油・ガス事業にとって重要な拠点となっています。

TechnipFMC


Content Type:

Duration:

Petrofacは、創業から15年以上が経過した後、マレーシアへの事業拡大を決定しました。Petrofac Malaysiaはマレーシア政府とPETRONASから権限を付与され、2006年から積極的に事業を実施し、石油・ガス生産を行っています。Petrofac Malaysiaの主な役割は、税務上の優遇措置を得てマレーシアの石油・ガス人材の確立を支援し、熟練した外国人専門家が現地の人材と協力しながら仕事ができる状況を整えることです。

PM304は当初、限界油田に分類されていましたが、現在ではマレーシア最大の油田の1つとなっています。さらにPetrofacは、センドー油田の運営会社となり、パートナーであるKuwait Foreign Petroleum Exploration Company(KUFPEC)、PetroVietnamおよびPETRONAS Carigali Sdn Bhd (PCSB)と協力しながら、段階的プログラムに基づいて同油田の開発を進めています。開発開始からわずか16ヶ月後の2006年にはファーストオイルを生産し、現在では約2億バレルを生産できると見られています。Petrofacは、センドーのフェーズ2プロジェクトで1,000万時間にわたり休業災害(LTI)ゼロを実現し、ウエストデサルではPETRONASの承認を得てからわずか18ヶ月後の8月にファーストオイルを生産するなど、引き続き優れた業績をあげています。ベランタイ・プロジェクトは、約10億米ドルの投資を伴う海洋ガス田の開発プロジェクトです。このファストトラック開発は、わずか21ヶ月で最初のガスに到達しました。

またPetrofacは、顧客のために設計・調達・建設・据え付け・試運転(EPCIC)の様々な一括プロジェクトを実施してきました。2011年12月には、SEPAT海洋油田の早期生産システム(EPS)でファーストオイルを達成しました。このEPCIC業務は東南アジア初の一括海洋EPCIC契約でした。またPetrofacはPCSBからベコックCプラットフォームの改修に関する2億2,000万米ドルの契約を受注しました。

Petrofacはさらに、設計から建設管理までの需要に対応するPetrofac RNZと呼ばれる傘下のエンジニアリング・サービス企業を通じて多くの海洋プロジェクトを完成させてきました。アジア太平洋地域の従業員は700人増加し、1,500人となりました。

Petrofacは、PETRONASと協力の下、トレンガヌ州にINSTEP総合石油・ガス研修センターを設立し、熟練労働者向けに世界レベルのプログラムを提供し、技術研修を行うためのインフラを設計および建設することで、成長を続けています。

Petrofac Malaysia


Content Type:

Duration:

BPは時価総額と確定埋蔵量において世界最大の石油会社の1つです。当社は世界的に事業を営んでおり、事業活動と顧客は100ヶ国以上にまたがり、従業員数は約9万4,000人にのぼります。BPは29ヶ国で探査・生産権益を有しています。当社の業務内容は、近代社会が依存している天然エネルギー資源の探査、生産およびマーケティングです。

マレーシア進出から40年以上が経過したBPは、事業活動を多角化し、エチレン/ポリエチレン、酢酸および精製テレフタル酸を製造する石油化学セクターの大手となっています。またBPの太陽光発電技術も、農村地域に影響を及ぼしています。またBPは、地元の生産施設で生産および混合された潤滑油製品をCastrol、BPおよびDuckhamsブランドで生産・販売しています。

BPの総投資額にはパートナーの株式15億米ドル相当も含まれており、このため英国最大のマレーシアへの投資企業の1つとなっています。従業員700人超を雇用しているほか、合弁事業の従業員として500人を雇用しています。

BPは、責任ある、倫理的な行動へのコミットメントを維持しています。当社は、学生向けメンターや、生物多様性保全、マレーシアで最初の海亀保護区であるマ・ダエラ海亀保護区、気候変動イニシアティブなどのコミュニティ向けプログラムを運営しています。

マレーシアのBP企業の責任者は、英国マレーシア商工会議所の会長として、経営上の観点や経験を交換し、英国-マレーシア間の貿易サービスや投資を推進および強化するための場を支援および指揮しています。

BP Malaysia


Content Type:

Duration:

wpChatIcon
X