Logo

活気に満ちたビジネス環境

マレーシアの市場指向型経済、協力的な政府の政策、国際的企業とのビジネスに意欲的な国内の産業界は、マレーシアを競争力のある製造と輸出の拠点としてきました。マレーシアの市場指向型経済や、成長と利益の機会を生み出すビジネス環境を提供する政府の政策は、マレーシアを競争力のある製造と輸出の拠点としてきました。さらに、マレーシアの知識集約型経済への急速な発展により、企業に情報技術を駆使した環境でビジネスをすることが可能になりました。

マレーシアの成長の主な要因のひとつに、若くて教育を受けたさらなる向上が可能な労働力の存在があります。多くの大学卒業生は、エンジニアや会計などの分野で海外で教育を受けており、外資系企業という環境にも容易に適応することができます。マレーシアでは特にビジネス界において英語が広く使われているので、現地スタップや地元の取引先とのコミュニケーションを楽にできます。マレーシアの法律や会計方式はイギリスの制度を採用しており、ほとんどの国際企業で通用するものです。 さらに、マレーシアは、A.T Kearneryの2007年Global Services Location Index (GLSI)によると、インド、中国に続き、委託生産活動がし易い国、第3位の地位を維持しました。

商工会議所


マレーシアのビジネス界への新規参入者にとって、各国の企業により編成されている様々な商工会議所や貿易協会があることは安心でしょう。これらの組織は、一般的なビジネス情報、アドバイス、支援などを提供する非常に貴重な存在であり、マレーシア工業開発庁のような政府機関の補完的役割もしています。主な組織は、マレーシア国際商工会議所(MICCI)、マレーシア製造業者連盟(FMM)、マレーシア日本人商工会議所(JACTIM)、アメリカ・マレーシア商工会議所(AMCHAM)などで、マレーシア米国電子産業団体(MAEI)などの貿易協会もあります。

発達した金融機関


発達した金融・銀行部門は、アジアの活気ある輸出基地としてマレーシアの地位を高めてきました。現地および外国系の商業銀行の全国にある支店を通じ、洗練された金融機関の利用が可能です。また、この地域で拠点の設立を希望する外国系銀行の駐在員事務所も数多くあります。商業銀行以外にも、投資銀行やイスラム銀行が、マレーシアの産業部門にとって主要な資金源になっています。

マレーシアの輸出業者はマレーシア輸出入銀行(Exim Bank)から資金調達をすることができます。また、マレーシア輸出信用保険会社(MECIB)は、輸出保険や保証業務を提供しています。

マレーシアは、イスラム金融発展の最前線として浮上しています。そして包括的かつ活気のあるイスラム銀行、イスラム・キャピタル・マーケット、タカフル、リタカフル等を含むイスラム金融システムです。

マレーシアの輸出業者は、マレーシア輸出輸入銀行(EXIM 銀行)によって提供される信用供与、輸出保険・保証を活用することができます。 マレーシアの金融システムを完全なものにするため、政府は、ボルネオ半島の北西海岸沿いに位置するラブアン島に、ラブアン国際ビジネス金融センター(Labuan IBFC)を設立しました。

ラブアンにある企業は、低率税額と機密保護を享受することができます。現在までに、2,700社以上のオフショア企業がラブアに拠点を設けています。その中には、オフショア銀行、信託会社、保険関連企業があります。ラブアン・オフショア金融サービス庁(Labuan FSA)は、ラブアンを国際ビジネス金融センター(IBFC)として推進し開発する機関です。


地元ベンダー企業


過去30年に渡り、多国籍企業のマレーシア進出に伴って、マレーシアは多くの関連産業・裾野産業を発展させてきました。特に積極的にベンダー開発プログラムを行ってきた多国籍企業は、高い能力と競争力を備え、輸出市場にも参入してきている地元の中小企業の発達に多大なる貢献をしています。

マレーシアの合弁パートナー

マレーシアの大企業の大半は、長年にわたって貿易や産業に関わってきたため、国際および地域の市場を網羅しています。そのため、マレーシアで合弁パートナーを探している外国投資家は、各々の要望に応じたパートナーを数多くの企業の中から選択することができます。 また、マレーシア工業開発庁(MIDA)では、外国投資家が合弁企業プロジェクトや委託生産を実施する際に、ビジネス・マッチングのサポートをしています。

戻る

整備されたインフラ

教育を受けた労働力

次へ

生活の質

クイックメニュー
最終更新日 : Tuesday 25th February 2020