Logo

繊維および繊維製品

マレーシアのテキスタイルおよびテキスタイル製品業界は、参入障壁が低くまた厳しい競争環境を特徴とする成熟した業界です。それは広範囲の上流活動(天然および合成繊維および糸の製造、織布、編布、および不織布の製造、ならびに漂白、染色、仕上げおよび印刷)ならびに下流活動(既製品の衣服製造、家庭用および工業用のテキスタイル製品、およびテキスタイルアクセサリー)にわたって活動する会社を含みます。

この産業は2017年に同国で11番目に大きな輸出額を記録し、マレーシアの製造品の総輸出額に対して約153億RM(1.6%)を占めました。米国は依然としてマレーシアの繊維製品の主要輸出市場であり、業界の総輸出額の22億RM(14.6%)を購入し、次いで日本とトルコと続きます。

中国、インドネシア、カンボジア、ベトナム、パキスタン、スリランカ、バングラデシュなど、生産コストの低い開発途上国との競争により、製造業者は、プロセスの開発と改善により、付加価値の高い製品製造に焦点を当て、自動化による製品の効率化を図り、バリューチェーンを向上させています。これはまた、新しいデザインや製品の差別化に重点を置くことにより、製品の品質を向上させることを伴います。

2017年には、12のプロジェクトに渡って総額4億2,880万RMの投資が繊維および繊維製品産業で承認されました。外国人投資家が主導で、3億2230万RM(75.2%)の投資額をもたらしました。その他国内投資は1億650万RM(24.8%)でした。承認された投資は、8件のプロジェクト(3億8,990万RM)があり、一次織物生産に集中しました。既製衣料品の製造には3件のプロジェクト(3380万RM)が承認されましたが、テキスタイルアクセサリー・サブセクターでは510万RMのプロジェクトが1件承認されました。これらのプロジェクトは、エンジニア、品質管理者、および高度な技術を有する技術者を含む合計1,850人の雇用機会を生み出しました。

textile jpn

戻る

航空宇宙産業

非金属鉱物産業

次へ

基礎金属製品

電気・電子産業

クイックメニュー
最終更新日 : Thursday 17th October 2019