Logo

協力的な政府の政策

成長と利益の可能性を備えたビジネス環境の維持をもたらす政府の政策が、マレーシアを製造と輸出の魅力的な拠点としてきました。マレーシアの民間部門は、公共部門とパートナーを組み、国家の発展の目標を達成するうえで重要な役割を果たしています。

マレーシアが投資先として魅力的な国である主な理由として、企業が成長と利益を追求できるビジネス環境を維持する政府の取り組みがあげられます。 

この取り組みの一環として、政府と民間部門で定期的に行なう対話など、経済界からのフィードバックを得るための政府の継続的な努力に見ることができます。 

これらの取り組みは、さまざまな経済界が持つそれぞれの意見の風通しをよくし、政策策定に貢献しています。

出資比率政策の緩和


2003年6月より、マレーシアの製造業部門に進出する海外投資家は、新規事業への投資において100%の資本比率を保有することができます。また、既に進出している企業による既存事業における拡張・多角化事業に対する投資においても、輸出比率に関係なく100%の外国資本保有が可能です。

外国人の雇用


製造業における外国企業は、特定の技術を持った人材がマレーシアでは確保できない場合、外国人を雇用することが認められています。外国払込資金がUS$200万以上の企業には、恒久的に外国人が保持できるポストであるキーポストを含め10の外国人ポストが認められています。

魅力的な税制上の優遇措置


2009年賦課年度から法人税率は25%に下げられ、個人所得税の最大比率は26%に改定されました。(2010年の賦課年度) またマレーシアには、1986年投資促進法及び1967年所得税法に基づいて、製造業部門に対する様々な税制上の優遇措置があります。 

主な優遇措置は、パイオニア・ステータス、投資税額控除(ITA)、再投資控除、ハイテク産業に対する優遇措置、戦略的プロジェクトに対する優遇措置、国際・地域サービス拠点設置に対する優遇措置などです。

戻る

経済力

次へ

教育を受けた労働力

整備されたインフラ

クイックメニュー
最終更新日 : Wednesday 20th May 2020