Logo

石油化学を含む石油製品

天然ガス、石油製品、石油化学製品などを含む石油化学品を含む石油製品産業はマレーシアでも有数の産業です。石油ガス産業は国のGDPに14.5%、毎年寄与し、2016年には政府の収益に14.7%貢献したと推計されています。国営石油ガス会社PETRONASは過去21年間フォーチュン・グローバル500にランクインされています。

2017年のこの産業における投資額は合計RM260億で、この内、国内投資額はRM256億と過去最高となりました。認可投資プロジェクトは10件で1,949人分の雇用機会を創出しました。半数が新規プロジェクトで合計投資額RM237億、拡張・多角化プロジェクトは合計RM22億です。

マレーシアは1日当たり約738億立方メートルの天然ガスと1日当たり70万5,000バレルです。単一の液化天然ガスの生産拠点としては世界最大で、年間生産能力は2,930万トンです。

生産拠点の拡大により(そして生産能力の拡大)、マレーシアは主要石油化学品の純輸入国から純輸出国に転じました。1980年代より、石油化学製品を含む石油製品に関連した合計投資額RM2,076億に上る約400件のプロジェクトを認可しました。

マレーシアにおける主要石油化学製品企業はPETRONAS Chemicals Group Berhad、 Lotte Chemical Titan (M) Sdn. Bhd.、 BASF PETRONAS Chemical Sdn. Bhd.、東レグループ、カネカグループ、出光などです。

石油化学を含む石油製品産業は過去数年間に及ぶ石油価格の下落の恩恵を受けました。安定した石油価格、原材料の低コストにより、2018年は安定成長が期待されています。

競争力のある価格で原材料を長期的に確保できる信頼性からマレーシアは地域の石油化学ハブとして成長しました。様々な新興市場における人口学的要素は長期的そして持続的需要をもたらします。ペンガラン石油化学統合コンプレックス(PIPC)によりマレーシアは石油化学製品産業のグローバル・リーダーとしての地位を確固たるものにします。PIPCにより、石油化学会社は川下・中間財分野、特殊化学品の製造機会を模索でき、リターン、高付加輸出を拡大することができます。

競争力そして地位を保つためには、特殊、グリーン石油化学製品、代替石油化学原材料、革新的ナノスケールでの石油化学製品・派生物などの分野における包括的な研究開発を優先させる必要があります。

pertoleum jpn

戻る

Philips

Panasonic Industrial

クイックメニュー
最終更新日 : Thursday 10th October 2019