Logo

食品加工産業

マレーシアの食品加工サブセクターはココア・チョコレート製品、水産製品、穀物・穀類製品、加工果物・野菜など農産物、園芸植物製品を使用し、付加価値製造活動に従事する全ての企業を含みます。オートーション減価償却償却優遇措置の導入と期限の延長により、従来の加工技術の利用から先端技術の導入へと進化を遂げています。

このサブセクターの会社数は8,000社を超え、主にマレーシアの中小企業から構成されます。著名な国内外の多国籍業、大手企業が積極的に事業を行っています。例えばYeo Hiap Seng (Malaysia) Berhad, Nestle (Malaysia) Berhad, FFM Berhad, Malayan Flour Mills Berhad, Kawan Food Berhad, QL Resources Berhad, Charoen Pokphand Holdings (Malaysia) Sdn. Bhd., Ayamas Food Corporation Sdn. Bhd., Dewina Food Industries Sdn. Bhd., Ramly Food Processing Sdn. Bhd., Super Food Specialists (M) Sdn. Bhd., Golden Fresh Sdn. Bhd., Purecircle Sdn. Bhd., Kellogg Asia Products Sdn. Bhd.、 Hershey Malaysia Sdn. Bhd.が挙げられます。

マレーシアのハラル産業は魅力的なバリュー・プロポジションにより、食品加工産業のプレーヤーに多大なる機会を提供します。マレーシアのハラル証明書は国際的に認知されており、ムスリム消費者の信頼を得ています。ハラル証明書の取得は適正製造基準(GMP)、危害分析重要管理点(HACCP)に沿い、安全性、品質、法的基準を満たしていることを意味します。投資家にマレーシアのハラルエコシステムを、特に食品産業において、活用していただくことを奨励します。

健康、栄養価値に対する消費者の意識向上により機能性食品・材料、植物や海鮮由来の天然食品香料に対する需要が拡大しました。食品加工サブセクターは食品製造会社が求める調合によりカスタマイズされた食品原材料や機能性材料、天然食品添加物・香料などの多大な潜在性を秘めています。

2017年には、合計投資額RM23億となる66件の食品加工プロジェクトが認可されました。国内投資額はRM14億(63%)と際立っており、外国投資は全体の3分の1強であるRM9億(37%)です。新規プロジェクト44件、拡張・多角化プロジェクト22件は合計4,644人分の雇用を創出しました。

food jpn

戻る

エンジニアリングサポート産業

電気および電子産業

次へ

機械・機器

医療機器

クイックメニュー
最終更新日 : Thursday 10th October 2019