Logo

エンジニアリングサポート産業

マレーシアのエンジニアリングサポート産業(ESI)は、金型、機械加工、金属スタンピング、金属鋳造、表面処理、熱処理、鍛造など、幅広い活動を行っている企業を網羅しています。製造業、建設業、運輸業、一次産業などのさまざまな経済部門との関連性から、国の産業発展を支える重要な産業です。

業界のプレイヤーは、部品やコンポーネント、さらには精密エンジニアリングサービスに関するOEMの厳しい要件を満たすために、設備のアップグレードと技術の習得を始めています。

洗練された世界の増加傾向需要を満たすべく、そのようなソリューションを提供できる大手マレーシアのESI企業には、Alpha Master Sdn 、Atasmi Precision Machinist Sdn Bhd. UWC Holdings Sdn、Lypometal Sdn. Bhd.そしてKobay Technology Sdn. Bhdがあります。

これらの企業は、高付加価値モジュール部品、機械構造、精密工学部品、板金加工、およびサブアセンブリを開発および製造するとともに、医療機器、航空宇宙、E&E(特に半導体サブセクター)などの高成長産業の表面仕上げを請け負っています。

マレーシアは、E&E、自動車、M&E、医療機器、O&G、航空宇宙、防衛、および太陽電池/太陽光発電における高度な用途のための部品およびコンポーネントだけでなく、総合製造ソリューションを提供する「ワンストップセンター」としての地位を高めています。。これらのワンストップセンターは、製品の構想から量産までの一貫したサービスを提供し、調達、物流、梱包、テストと認証を含むすべての関連プロセスを管理します。将来のESI開発は、業界のサービスの強化、およびその機能と生産品質の向上により完全なソリューションを提供することで行われます。そのために、業界全体が部品や部品の供給に関する国際認証基準を満たすように取り組んでいます。
Hastalloy、Inconel、Super Duplex、およびTitaniumなどの、より高級でエキゾチックな材料の製造または調達には投資の余地があります。これらは現地では入手できませんが、ESI企業では必要です。納期と物流コストを削減するためには、国内でこれらの資材に簡単にアクセスできなければなりません。そのような材料のための仕入れ業者の存在は、産業の成長を維持するために重要です。

2017年には合計36のESIプロジェクトが承認され、投資総額は5億450万RMでした。これらのうち、18件は3億5,730万RM(70.8%)相当の新規プロジェクトであり、他18件は合計1億4,720万RM(29.2%)の拡張/多様化プロジェクトです。国内投資は大部分で、3億5800万RM(71%)に達し、海外投資は、1億4650万RM(29%)であった。 2017年に承認されたプロジェクトは、1,630人の雇用機会を生み出しました。

戻る

電気および電子産業

基礎金属製品

次へ

食品加工

機械・機器

クイックメニュー
最終更新日 : Thursday 17th October 2019