Logo

基礎金属製品

マレーシアの基礎金属製品産業は、製造業と建設業の発展に大きな役割を果たしています。この産業は、鉄(鉄鋼)および非鉄(アルミニウム、錫、銅など)の金属製品の製造から成り立っています。

現在業界で実施されているプロジェクトは832件あり、投資額は624億RMで、75,127人の労働者を雇用しています。特にマレーシアの鉄鋼サブセクターは、GDP成長率の最大6.5%を創出し、2020年には最大225,000の雇用機会を創出する可能性があります。

基礎金属製品業界のマレーシア企業は、上流、中流、下流での活動に積極的であり、平鋼製品と長い製品の両方を生産しています。

平鋼製品(スラブ、熱間圧延および冷間圧延コイル、めっき鋼製品など)は、E&E、自動車部品および部品、石油およびガス、家具、機械および設備ならびに加工製品の分野における下流用途の中間原料として使用されます。

長い製品(例えばビレット、ブルームおよび鉄筋)は主に建設および土木産業で使用されています。

投資家は、電気製品、航空宇宙産業、自動車、特殊包装、機械および医療機器などの他のハイエンドの製造業およびサブセクターをサポートするための、平鋼製品生産のさらなる拡大および多様化するプロジェクトを提案できるでしょう。

マレーシアの鉄鋼製品サブセクターは現在、インダストリー4.0に向かっています。サブセクターを維持し、長期的に競争力を維持するための重要なステップです。上流工程と下流工程の両方で、最新の最先端技術を使用してスマート製造に切り替えています。

bsc metal

建設業界における工業化建築システム(IBS)の普及に伴い、鉄骨メーカーは、特に鉄骨造建物、屋根トラス、および型枠システムのために、技術をアップグレードし、新しい軽量製品を生産していく機会があります。

マレーシアの鉄金属エコシステムは成熟したもので、多くの企業が鉄金属の生産に進出しています。非鉄金属エコシステムに関しては、現在一部の企業が活動しているのみなので、成長の余地がかなりあります。


2017年には、1億8,320万RMの投資で基礎金属製品の製造を含む15のプロジェクトが承認されました。これらのプロジェクトの3分の2は、1億3,350万RMの投資を伴う拡大/多様化プロジェクトであり、他の5件のプロジェクトは、4,970万RMの投資を伴う新規プロジェクトでした。

戻る

繊維および繊維製品

航空宇宙産業

次へ

電気・電子産業

エンジニアリング サポート

クイックメニュー
最終更新日 : Friday 13th December 2019