Logo

航空宇宙産業

政府は、マレーシアの航空宇宙産業を成長の可能性が高い「3 + 2」の戦略的セクターの1つとして特定しました。 その重要性を認識して、マレーシアの航空宇宙産業ブループリント2030が、ケダ州ランカウイで開催されたランカウイ国際海上航空宇宙展(LIMA)2015で起動しました。 このブループリントは、2030年までのマレーシアにおける航空宇宙産業の発展のための長期計画となります。目標は、マレーシアを東南アジアの主要な航空宇宙国家にし、2030年までに世界市場における重要な参加国となることです。

マレーシアには現在、国内外の業界関係者を含む200社以上の航空宇宙会社があります。これらには、MRO活動に携わっている66社、航空製造業に携わっている33社、教育訓練に携わっている25社、そしてシステムインテグレーションやエンジニアリング・デザインに携わっている11社が含まれます。

aerospace jpn1

グローバルOEMの厳しい要求を満たす能力を実証することで、SME Aerospace、CTRM Aero Composite、Airod、およびUMW Aerospaceのようなローカルプレーヤーは、グローバルな航空宇宙サプライチェーンにうまく参加してきました。 2030年までに、業界はMROに204億RM、航空製造業に212億RM、エンジニアリングおよび設計サービスに136億RMの収益をもたらすと予測されています。

航空宇宙産業のための才能を開発する必要性を認識して、技術開発省(DSD)は共同で通商産業省(MITI)国立航空宇宙産業調整事務所(NAICO)と職業上の枠組みを確立しました。この枠組みは、技能認定に必要な基準の参照として、そしてそれが業界の要求に沿うように技能訓練カリキュラム開発を導く役目を果たします。

この分野における成長と発展をさらに促進するために、マレーシアは、航空宇宙産業のための保守、修理およびオーバーホール(MRO)、製造およびシステム統合を含む活動を行う企業に魅力的な税制優遇措置を提供します。

航空宇宙業界では、表面工学は、マレーシアが複雑で多様な製品を生み出す方向への転換を可能にする大きな可能性を秘めている分野の1つです。表面工学プロセスは、米国に本拠を置くPerformance Review Institute(PRI)によって管理されている、National Aerospace and Defense Contractors認定プログラム(NADCAP)によって監督されています。 PRIを通じて、NADCAPは業界の製造工程に関する独自の認証を提供し、品質保証に対する標準化されたアプローチを表します。マレーシアにはすでにNADCAP認証のコーティングと特殊な二次プロセスを提供できる会社がありますが、まだ成長の余地があります。

シンガポールのSeletar Aerospace 工業団地のような施設や、UMW High Value Manufacturing parkのようなマレーシアの専用の航空宇宙工業団地の存在のため、東南アジアのダイナミックな地域の航空宇宙市場は注目を集めています。強固な市場の需要もまた、地元の航空宇宙サプライチェーンの発展を加速させてきました。マレーシアには、世界の航空宇宙市場で重要な役割を果たすために必要なすべての成分が揃っています。また、KLIA Aeropolisなどの航空宇宙産業の成長を促進する地元のクラスターやその他の施設の開発に向けた取り組みが、やがて成果をもたらすでしょう。

aerospace jpn2

マレーシア製の航空宇宙製品

戻る

非金属鉱物産業

次へ

繊維・繊維製品

基礎金属製品

クイックメニュー
最終更新日 : Thursday 17th October 2019