Logo

木材・木材製品・家具・建具産業

この産業はマレーシアの経済に大きく貢献しています。マレーシアは世界で8番目の家具輸出国で、輸出される製品の80%が木材ベースのものです。主な輸出先はアメリカ、EU、日本、オーストラリアです。この産業は3,500社以上のローカル企業から成り、ジョホール州、セランゴール州、ペナン州に集中しています。

マレーシア政府は材木輸出の年間6.4%増を目標としています。2020年までにRM530億まで拡大することを意味します。2017年、マレーシアはRM232億に相当する中密度繊維板(MDF)、合板などの家具、パネル製品から成る木材・木材製品を輸出しました。この産業は遅れて自動化、インダストリー4.0が導入されていますが、マレーシアの製造会社は技術革新のため、投資資金を集め始めました。

木材・木材製品、家具・建具産業は第一次加工事業、汎用品の生産に集中していた時代からバリューチェーンが強化されています。ローカル企業はODM、OBMとしてクリエイティブでユニークなデザインを取り入れ、高付加価値家具を生産し、差別化を図っています。これによりマレーシア企業は激化する競争に対抗できるようになります。

持続可能なエコフレンドリー製品に対する需要が世界的に高まる中、家具産業は特にヨーロッパそしてその他先進国において急成長するグリーン・環境に優しい製品に対する消費者市場向けにR&Dへの投資、新製品の革新化に焦点を当てていきます。

マレーシアの家具産業は創造性、デザイン性において強みがあります。汎用家具からデザイン性のあるものまで、マレーシアの家具デザイナーは熟練したそして経験豊かなコレクター、テーマデザイナーを魅了する能力を備えています。

マレーシアにはデザイン、研修など産業に関連する全ての活動が行われる集中家具ハブの拠点を設置する有望性があります。インダストリー4.0に向け、自動化、近代化などの新技術を採用する企業にも優遇措置を用意しています。これにより、2020年までに国家木材産業政策(NATIP)の目標達成を加速化させます。

投資家はオートーション化工場に対する税額控除制度(ACA)優遇措置を利用することができます。マレーシア投資開発庁はバトゥパハ、ムアルにてACA優遇措置に関する講演会を行いました。この二つの都市では、マレーシアの家具輸出の70%が生産されています。

戻る

製薬産業

石油化学を含む石油製品

クイックメニュー
最終更新日 : Wednesday 21st August 2019