Logo

整備されたインフラ

マレーシアは、インフラ開発と整備に対する絶え間ない取り組みにより、アジアの新興工業国の中で最もよく整備されたインフラを持つ国として成長しました。 マレーシアの製造業者にとって最大の利点は、インフラ開発と整備に対する国家の持続的な取り組みです。長年にわたり、インフラへの投資は効果をあげ、深刻な問題は回避されてきました。今日では、マレーシアはアジアの新興工業国の中でも、最も整備されたインフラを持つ国となりました。 最近の、クアラルンプール・セントラルは、必要なものを完備した未来都市で、住む・働く・遊びの最高の環境を提供しています。主要な鉄道交通ネットワークを統合した近代的な交通の中心となり、クアラルンプール国際空国(KLIA)と政府の新行政地区であるプトラジャヤをつなぐエクスプレス・レール・リンクなども乗り入れています。

整備された高速道路網


マレー半島における整備された高速道路のネットワークは、各産業の発展に多大なる貢献をしています。これらの高速道路は、主要都市とマレー半島のあらゆる港湾や空港を結び、物品の効率的な運搬手段を提供しています。これらの高速道路を完全なものにするため、アセアン鉄道エクスプレス(ARX)として知られるクアラルンプール-バンコク‐クアラルンプールのコンテナー・サービスは、将来的にはトランス・アジア鉄道リンクとなり、シンガポール、ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマーを経由し、終点の中国の昆明にまでネットワークを広げる予定です。

効率的な港湾


国際貿易、特に海上貿易は従来からマレーシアの生命線です。今日では、海上貿易はマレーシア貿易の90%以上を占めており、マレー半島にあるペナン港、クラン港、ジョホール港、タンジュン・ペレパス港、クアンタン港、ケママン港、サラワク州にあるビンツル港の、マレーシアの7つの国際港を経由しています。

地理的にもマレーシアの中心にあることや、マレーシア国内と地域のハブを目指した政府の取り組みにより、クラン港の貨物の取扱量は増加しました。2007年にはクラン港の貨物量は712万TEUを記録しました。多くの貨物が集積し、ハブ拠点とする戦略によって、その施設とサービスは、世界クラスの港と同等なものになりました。 マレーシア最大の港、タンジュン・ペレパス港(PTP)はマレー半島の最南端に位置しており、自由貿易地区と一体化した世界でも数少ない港です。同港とこの自由貿易地区は、荷送人と船会社に大変魅力的なビジネス環境を提供しています。マレーシア南部回廊の新経済成長地区、イスカンダ-ル開発区(IDR)における世界クラスの港であるために、今日タンジュン・ペレパス港には最新の港湾設備を備え、船会社が配備する新型の船へのサービスも可能にしています。 物理的インフラ設備に加え、クラン港、ペナン港、ジョホール港は電子データ交換システム(EDI)を取り入れ、書類の電子転送により迅速な貨物の通関を可能にしています。

国際空港


アジア太平洋地域の中心的な位置にあるマレーシアは、アジアの玄関口として最適です。マレー半島にあるクアラルンプール国際空港(KLIA)、ペナン国際空港、ランカウイ国際空港、サバ州にあるコタキナバル国際空港、サラワク州にあるクチン国際空港では、航空貨物施設が完備されています。 マレーシア最大の空港であるクアラルンプール国際空港(KLIA)は、クアラルンプール、シャーアラム、セレンバン、マラッカに囲まれており、旅客処理能力は年間2,500万人、貨物処理能力は年間800万トンです。貨物の輸出入手続きは配送時間短縮のため完全に自動化されています。 Kuala Lumpur International Airport (KLIA), Penang International Airport, Langkawi International Airport and Senai International Airport in Peninsular Malaysia, Kota Kinabalu International Airport in Sabah, and Kuching International Airport in Sarawak.

整備された工業団地


マレーシアの産業は、主に国内に配置された200を越える工業団地および18の自由工業地域(FIZ)で発展しています。高まる需要に応えるため、道路、電力、水道、通信設備などインフラ施設が完備した新しい工業団地が、州政府や民間開発業者によって次々と開発されています。 自由工業地域(FIZ)は主に輸出指向産業のニーズに応えるために設けられた輸出加工地域です。自由工業地域内にある企業は、製造工程で直接使用する原材料、コンポーネント、部品、機械、設備の免税輸入が認められています。自由工業地域がない地域では、企業は保税工場(LMW)の資格を取得することができます。保税工場には、自由工業地域に企業を設立した場合に得られる便益と同等のものが与えられます。

特化型工業団地


特殊産業のニーズに応えるため、マレーシアでは特化型工業団地が開発されています。例えば、クアラルンプールのブキ・ジャリルにあるテクノロジーパーク・マレーシアや北部のケダ州にあるクリム・ハイテクパークなど、技術集約的産業や研究開発活動に適した地域があげられます。 テクノロジーパーク・マレーシアは、知識集約的産業のための研究開発に対応した世界でも最先端の総合施設です。300ヘクタール(750エーカー)の範囲に渡って、第一期工事では、特殊な機能を備えた最新鋭の建物が12棟設置されました。 北部には、1,450ヘクタール(3,580エーカー)に渡り広がる、マレーシア初の完全に統合されたハイテク工業団地であるクリム・ハイテクパークがあります。ハイテクな製造業や研究開発に最良のインフラを提供するだけでなく、クリム・ハイテクパークのマスタープランでは工業団地内での生活の質の向上にも力を入れています。この計画には、ショッピング・センター、病院、教育機関、リクリエーション施設などの設備も含まれています。

ハイテク通信網


マレーシアの通信網は、通信機関の民営化の成功により過去10年間に目覚しく拡張しグレードアップされてきました。最新のデジタル光ファイバー技術を使って、低価格で高品質な通信サービスを提供しています。 平等アクセス制度により、マレーシアの電話加入者は、ボイスやデータ送信を含む、国内、国内長距離、国際サービスのすべてにおいて、5社のネットワーク・サービス・プロバイダーから選択することができます。また、あらゆる国内、国際サービスを提供するインターネット・サービス・プロバイダー6社や携帯電話サービス会社5社、その他のネットワーク送信業者もあります。 マレーシアはさまざまな光ファイバーや、FLAG、SE-MA-WE、APCN、中国‐アメリカ、日本‐アメリカ、Measat、Intelsatなどの衛星協定を通して世界中と結ばれています。ブロード・バンドに対する高まる需要に対応するため、IDSL、IP、VPN、ATMなどのミディアム・エンドやハイエンドの技術も、全国的に広範囲に普及しています。
戻る

教育を受けた労働力

協力的な政府の政策

次へ

活気に満ちたビジネス環境

生活の質

クイックメニュー
最終更新日 : Tuesday 13th November 2018